上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

レスベラトロール

レスベラトロールが、美肌効果がある成分として注目されています。レスベラトロール(英語:resveratrol)は、ブドウの果皮や落花生の種皮等に含まれるポリフェノールの一種です。



レスベラトロールは、ファイトアレキシン(phytoalexin)と呼ばれる植物性抗菌性物質のひとつです。これは、植物がカビなどの感染を受けたり、傷ついたりした時にそれらから植物を守る為に生産される物質です。強力な抗酸化力をもち、がんや生活習慣病の予防にいいと米国でも注目されている成分です。



レスベラトロールを飲めば、人間の長寿遺伝子とされる「サーチュイン遺伝子」が活性化されてアンチエイジング効果が得られ、美肌効果を期待できるとされています。



「サーチュイン遺伝子」は、米マサチューセッツ工科大学生物学部のレオナルド・ギャランテ教授らが酵母から発見したもので、人間の遺伝子と区別して、「Sir2」(silent information regulator 2:サーツー)といい、ヒトにおいては「SIRT1」、マウス(実験動物)では「Sirt1」、と表記します。



教授によるとサーチュイン遺伝子の働きをよくするには通常は、カロリー制限が必要で、米ウィスコンシン大学の実験では毎日エサを30%減らされたサルの生存率が格段に高くなった、と報告されています。



サーチュイン遺伝子が活性化すると、活性酸素の放出を抑えて、美肌効果を得ることが出来るとされています。そのほかにも、免疫力の低下や動脈硬化、高血糖、骨粗鬆症、脱毛や白髪といった老化症状を防ぎ、さらには持久力を高めるとされています。



レスベラトロールは、食事制限をすることなしに、サーチュイン遺伝子を活性化するといわれています。レスベラトロールは、動物実験では長寿や抗炎症、抗がん、血糖値降下、放射線障害の抑止などの作用が確認されています。



フレンチ・パラドックスという言葉があります。これは、フランス人が、バターや肉などの動脈硬化の原因となる動物性脂肪をヨーロッパでもっともたくさん摂取しているにも関わらず、動脈硬化による心臓病の死亡率が欧米で最も少ないというものです。



その秘密は、フランス人が多飲する赤ワインに含まれるポリフェノールにあるとされていましたが、近年、その成分のひとつがレスベラトロールであるとする研究成果が報告されています。



レスベラトロールを高脂肪,高カロリーの食事とともにマウスに与えた実験では、体重は増えたもののレスベラトロールを与えなかった群れと比較して、肥満による悪影響が少く、寿命が延びることが認められたのです。しかも、肥満にもかかわらず、健康的な食事を与えられたマウスと同じほど活発に運動していたとされています。



レスベラトロールは、グラス一杯の赤ワイン 240mL には、約 640mcg 含まれています。一握りのピーナッツには、約 73mcg 含まれています。レスベラトロールのサプリメントは、1日 200-600 mcg が一般的です。

レスベラトロール 最新一覧 By 楽天

TAG : レスベラトロール 美肌








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。