上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

紫外線量と季節

しわしみの原因となる紫外線は、1年間を通してみると春から秋にかけて多く降り注ぎます。多い月は4 月から9 月の間です。1 日のうちでは午前10 時から午後2 時にかけてが紫外線量がもっとも多くなります。4月~5月が意外に紫外線の量が多いですから気をつけたいところです。



また、冬は比較的紫外線の量は少ないのですが、紫外線は反射するでも述べたように雪面での反射量が多いですから、スキーなどに行かれるときはしわしみ予防のために紫外線対策を忘れないようにしたいところです。



しわしみ予防のための紫外線対策はお肌のタイプによって若干異なるといえます。というのは、一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえるからです。もちろん、どちらのタイプだとしても紫外線対策は必要なんですが、自分に合った紫外線対策を理解しておくことで、より良い紫外線対策をおこなうことができるようになるんです。



色白の肌の人は日に焼けると肌が黒ではなく赤くなります。紫外線のダメージを受けやすいタイプなんです。ですから肌の白い人は、日焼け止めをしっかり塗り、服装を工夫するなどの対策が特に必要な方なんです。



褐色の肌タイプの人は日に焼けるとそのまま黒くなります。これは、肌が日焼けに対して防御力を発揮しているからです。紫外線には比較的強いタイプといえるんです。ですから、日焼け止めは軽めでもかまいませんが、過信せずに対策をおこなうことが必要でしょう。



しわしみ予防には紫外線対策が大切なんですが、その紫外線対策として日焼け止めを使用するときには、一般的に子供はSPFの場合は、SPF10から20、PAPA+からPA++が適しているとされています。そして、大人は日常ではSPF20 から30 程度、アウトドア時はSPF40 から50 でPAPA+++が良いとされています。



しわしみ予防に紫外線対策として日焼け止めを重ね塗りをする人が多いことと思われます。SPF20 の日焼け止めの上にSPF15 のファンデーションを重ねても、残念ながらSPF35 の効果は得られません。しかし単純な足し算はできないものの、日焼け止め化粧品は単品で使うよりも重ねて使った方が紫外線防止効果が高まります。



しわしみ予防に紫外線対策で日焼け止めをたくさん塗っても汗をたくさんかくことでせっかく塗った日焼け止めが流れてしまうことも多いのではないでしょうか。汗をたくさんかくときは、ウォータープルーフタイプを使い、2 時間ぐらいで塗りなおすことがおススメです。

日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天

日焼け止め 最新一覧 By 楽天

TAG : しわ しみ 紫外線 たるみ SPF PA








 

日焼け止めの表示

しわしみ予防のための紫外線対策としては、日傘、帽子、サングラス、手袋、長袖、などいろいろありますが、肌をまったく露出させないということは不可能です。そこで役立つのが日焼け止めです。日焼け止めにはSPFPA という表示が使われています。SPFPA の意味を正しく理解することで日焼け止めを賢く上手に利用したいところです。



紫外線には紫外線の種類で述べたようにUV-AUV-Bの2種類あるんですが、それぞれに性質が異なるためにそれを防ぐにはやはり2種類の日焼け止めが必要なんです。



SPF はSun Protection Factor という意味で、皮膚の表面に作用することでしみをつくる紫外線UV-B を防ぐ効果のことを言います。SPF1 で、20 分効果が持続することを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。



PAはProtection Grade of UVA という意味で、透過力のあることで表皮を通過して真皮層にまで作用してしわを作る紫外線UV-Aをカットする効果のことを言います。PA+から+++の3 段階で、+が多いほど効果が高くなります。



日焼け止めに使用されている成分には大きく分けて2種類あります。ひとつは、紫外線を吸収するもの、あとひとつは、紫外線を跳ね返すものです。



紫外線を吸収する成分は、紫外線を防ぐ効果は比較的高いんですが、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。また紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させる成分です。塗ると白浮きするものもありますが、肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方にはこちらがオススメです。



紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは「ノンケミカル」と表示されていることがあります。



しわしみ予防のために紫外線対策として日焼け止めを用意するときは、以上の事柄を参考の上、販売店の方のアドバイスや使用時のご自分の肌のコンディションも考慮しながら、選ばれることをおススメします。



日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天



日焼け止め 最新一覧 By 楽天



TAG : しわ しみ 紫外線 たるみ UV-A UV-B SPF PA








 

紫外線は反射する

しわしみの原因となる紫外線ですが、肌にもたらす症状としては急性と慢性があるといえます。急性の症状といえば日焼けです。これは眼に見える症状ですが、しかし日焼けのあとが消えても、紫外線のダメージは確実に残っているんです。



紫外線の影響には、肌が赤くなる、ほてるなどの症状を「急性」の症状とすると、しみしわができる、表皮が厚くなる、さらには皮膚がんになるなど、今まで浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こる症状を「慢性」の症状ということができます。



日焼けは、紫外線による「急性」の症状です、そして、しわしみは「慢性」の症状といえます。そして、「急性」の症状を引き起こした紫外線がのちのちに身体に影響を及ぼすことが慢性の症状といえます。「急性」の症状は何日かすると元通りになることで見た目は完全に回復したかのように思います。ですが、紫外線ダメージは表皮の奥に残っていて、10 年後、20 年後の肌に影響を及ぼすことになるんです。



しわしみの原因となる紫外線は空から降り注ぐだけではありません。空から降り注いだ紫外線は、地表で反射するんです。反射した紫外線でダメージを受けることがありますので注意が必要です。もっとも顕著なのは冬の雪面ではないでしょうか、冬は紫外線が少ないのですがスキーヤーは真っ黒に日に焼けることがあります。



しわしみの原因となる紫外線は太陽のある上空から降り注ぐだけでなく、地表で反射して私たちを襲うわけです。さらに、太陽光線は空気中の分子や粒子とぶつかって、さまざまな方向へ散乱するため、屋外では、日陰でも目や肌で感じる以上に紫外線を浴びています。しわしみを予防するには、日焼け止めを塗ったり服装を工夫して、多方向から攻めてくる紫外線をブロックしなければならないんです。



なお、場所ごとの紫外線の反射量の割合としては、新雪は約80%、砂浜は10%から25%、水面は10%から20%、アスファルトは10%、草地や芝生は10%以下といわれています。ですから、冬でも雪の上を移動するときは紫外線対策が大切なんです。



日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天




TAG : しわ しみ 紫外線








 

紫外線の種類

しわしみの予防をするには、紫外線対策をすることがもっとも大切なことです。紫外線は眼に見えませんが、その影響にはすぐ目に見えるものとそうでないものがあります。紫外線の影響と一口でいいますが症状はいろいろあるんです。



日焼けした水着のあとのように目に見えるものもあれば、気づかないうちに蓄積され何年も経ってから現れる症状もあります。そうした影響について知っておくことが、しわしみ予防のための紫外線対策の第一歩です。



しわしみの原因となる紫外線は屋外だけでなく部屋の中にも届きます。私たちが浴びている紫外線には、UV-A(長波長)とUV-B(中波長)という2 種類があり、それぞれ作用が異なります。



このうちUV-A(長波長)は雲やガラスを通過します。ですから、曇りの日でも地表に届きますし、室内にいるときやドライブ中でも浴びていることになります。UV-A は蓄積して肌の老化やしわの原因となるほか、UV-B(中波長)の作用を助長するともいわれています。外出しなくても紫外線対策は必要なんです。曇り空でも油断せずに紫外線対策はしっかりと行いたいところです。



私たちのしわしみなどお肌にとって大敵の紫外線は、UV-A(長波長)とUV-B(中波長)という2種類の波長からなっています。わたしたちの皮膚は表面側から「表皮」「真皮」「皮下脂肪」となっています。



紫外線のうちのUV-A(長波長)はその透過力のために表皮を通過して真皮層に作用することで、肌の奥に蓄積して、しわやたるみを引き起こします。UV-B(中波長)は皮膚の表面に作用し、日焼けの症状である、ほてる、赤く腫れるなどの眼に見える症状を引き起こし、しみを作ります。皮膚がんの原因にもなるといわれています。



日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天



TAG : しわ しみ 紫外線 皮膚がん UV-A UV-B








 

白内障予防は紫外線対策

しわしみは、アンチエイジングの対象として最もわかりやすい標的です。そして、その原因といえば、紫外線なんです。紫外線は殺菌力がありますから、適度に浴びるのはよいことといえますが、度を越すのはやはりよくありません。驚いたことに紫外線は一日中室内にいたとしても油断は出来ないようなんです。



しわしみをつくりだす日焼けをするのは天気のよい屋外の太陽の下だけとは限らないようなんです。紫外線は、雲やガラス窓を通り抜けて、室内にも降り注いでいるんです。また曇りの日でさえも晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があるとされています。ですから、知らないうちにかなりな紫外線を浴びているということもあるんです。



しわしみを気にするようになるのはある程度の年齢からですが、だからといって、その原因となる紫外線を浴び続けることは若い人にとってもいいことではありません。若い人の方が、皮膚に回復力があることで多少の日焼けには頓着しない傾向があります。しかし、紫外線のダメージは蓄積するんです。そして、将来の肌に影響を及ぼすんです。



健康に自信のある若い人でも、あとで後悔しないために、しわしみ予防のために紫外線を防ぎながらファッションを楽しむ習慣を若いころから身につけたいところです。健康的なイメージの小麦色の肌にあこがれることもあると思いますが、それは、イメージだけにとどめておきたいところです。



紫外線は「しわ」だけでなくお肌の「たるみ」にも影響を与えるんです。ある日、突然に気づくのが「しわ」や「たるみ」です。しわやたるみは、加齢による皮膚や筋肉、脂肪の変化だけではなく、紫外線の影響が大きくかかわっているんです。しわやたるみを予防し、肌年齢を若く保つためには、紫外線対策は欠かせない作業なんです。



そして、忘れてならないのが、紫外線の目に対する悪影響です。しわやたるみ予防に肌はしっかりと日焼け対策をしていても、目は無防備なことが多いんです。目も紫外線を長く浴びると乾燥して「疲れ目」の症状が出るんですが、それだけではなく、白内障のリスクを高めてしまうんです。日差しの強い場所では、UV カットサングラスなどを利用して目のケアも心がけたいものです。日本ではサングラスをする習慣があまりないですが、眼を守るためにサングラスをさりげなく使用する習慣を身につけたいところです。


サングラス 最新一覧 By 楽天



日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天



TAG : しわ しみ たるみ 紫外線 白内障








 

しわ予防は紫外線対策

しわしみの予防には先ず紫外線対策が大切です。紫外線は眼に見えませんが日中太陽の光を浴びていれば常に紫外線にさらされていることになります。シワやシミの予防には、その紫外線の影響と対策について正しく認識することが重要になります。太陽の光を浴びて小麦色に焼けた肌をしているほうが健康的なイメージがあります。それは、太陽の光が私達にさまざまな恩恵を与えてくれるためにもたらされたイメージに過ぎないのです。



しわしみの最大の原因は、紫外線なんです。紫外線は私達の肌を日焼けで黒くするだけではありません。ダメージを蓄積することで、皮膚の老化、皮膚がん、白内障などの病気の原因にもなることがわかっています。美容のためのしわしみ予防に、紫外線対策をすることは、健康の面からもとても大切なことなのです。肌の色が黒いほうが健康的に見られるということで、常に日焼けをしている人もいますが、後々のことを考えると非常に危険な行為をしているといえるんです。



植物のカロテンが身体に良いと人気ですが、このカロテンは植物が自らを紫外線から守るために作り出しているものなんです。移動できない植物はカロテンを作ることで紫外線の害から身を守っているんです。昔は紫外線は身体を丈夫にするといわれ、日光浴がむしろ推奨されてさえいました。しかし今では紫外線は肌の老化を早めしわしみの原因になり、さらには皮膚がんの原因にもなるなどの悪影響の方が多く指摘されています。しわやしみ予防ではなく健康のために、赤ちゃんの頃から紫外線対策を習慣にするように指導しているところもあるくらいです。



しわしみの予防のために紫外線の影響と対策を正しく知ることは美容だけではなく健康とアンチエイジングにとってもとても大切なことなんです。屋外の太陽の下で遊んだり、働いたりすることは本当に気持ちのいいものです。しかし、それで、しわしみが出来たり、病気になってしまうのは不幸なことです。紫外線の危険性を認識した上で、しわしみ予防のきちんとした対策をとり、紫外線と上手な付き合い方をしていきたいものです。


日焼け止めクリーム 最新一覧 By 楽天



TAG : しわ しみ 紫外線 日焼け止めクリーム








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。