上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は、ヒアルロン酸、デルマタン硫酸とともにムコ多糖トリオと呼ばれていて美肌づくりには欠かせない成分のひとつです。ムコ多糖類は、グリコサミノグリカン(glycosaminoglycan)とも呼ばれ、私たちの身体の細胞と細胞の間にあって、水分をたっぷりと蓄えているスポンジのような物質で、コンドロイチン硫酸は、デルマタン硫酸とともにヒアルロン酸の保水力を増強します。



コンドロイチン硫酸は体内で合成できます。それは、ヒアルロン酸に硫酸を結合することでつくられます。そしてこの時、ビタミンAの働きが必要なんです。したがって、ビタミンAの摂取は肌の健康には重要なんです。



コンドロイチン硫酸は、デルマタン硫酸とともに細胞代謝の調節作用があります。コンドロイチン硫酸の調節作用のひとつは、表皮細胞の表面で成長因子(TGF-β)と結合して、細胞の分裂・増殖を自動調節する作用であり、ひとつは、真皮の繊維芽細胞でつくられるコラーゲンや成長因子(TGF-β)と結合して代謝を自動調節する作用です。これによってコンドロイチン硫酸は、デルマタン硫酸とともに美肌に貢献しているんです。



コンドロイチン硫酸は医薬品としても使われています。それは、ナトリウム塩にすることで水に溶けやすい白色粉末となるからであり、体内に広く存在しているからです。そのため、内服薬(神経痛、腰痛症、関節痛や五十肩などに)、注入剤(開腹手術後の癒着防止や後遺症の軽減などに)、点眼薬(角膜表層の保護)などとして広く使用されています。

コンドロイチン硫酸 サプリ 最新一覧 By 楽天

TAG : コンドロイチン硫酸








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。