上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

美肌と洗顔

美肌には、まず、毎日、肌を素の状態にきちんと戻すことが大切です。1日の大半をメイクをして過ごしていると、その間はファンデーションがずっと肌にのったままになります。ですから、これらの肌にとって余計なものをすべて取り去ることが美肌には大切なことなんです。これさえできれば、高いクリームを使用するより美肌効果があります。



肌の汚れは、日によって異なるんです。例えば軽いメイクを短時間だけしていたという日なら、ジェルやミルクでさらりと落とせます。それにたいして、ストレスの多い1日は皮脂で顔がテカったりします。そんな日は、オイルでしっかりとクレンジングしなければなりません。



入浴時の洗顔は洗髪後、が鉄則です。そうすることで、ヘアトリートメントによる肌あれも防げます。洗顔は、必ず髪を洗ったあとにします。これは洗顔時の初歩的な約束ごとです。



洗顔は、泡で汚れを包み込んで落とす、というのが基本です。ですから泡立ては固くしっかりとしたものを目指します。手のひらを裏返しても落ちないくらいの固さが理想です。泡立てに自信がなければ、泡で出てくるフォーム洗顔料が便利です。



洗顔がしっかり出来ていないと、乾燥肌だけでなく様々な肌トラブルを招くことになります。そこで、ミラー洗顔をおススメします。それは、洗顔料を泡立てたら鏡の前に立ち、額、こめかみ…と左右対称に目で確認しながら、手を動かして洗顔する方法です。目をつぶって顔を洗うと、人は洗いやすいところだけ洗ってしまいがちですが、目で確認しながら洗えば、洗い残すことなく万遍に洗えます。



洗顔のすすぎはぬるま湯で、というのが一般的です。すすぎは美肌には大切な作業です。しっかりとすすぎたいところです。中には、少し熱めのお湯を使用するという方法もあるようです。それは、少し熱めのお湯で泡や汚れをしっかり20回すすいだら、次に、冷たい水に切り替えて再び20回すすいで肌を引き締めるんだそうです。



洗顔後は、化粧水を使用して肌の乾燥のケアをしていることと思います。そこで、化粧水には、コットンの使用をおススメします。そうしたら、そのコットンを裏返して乳液をのせ、よく揉みこんだら、肌へ使用することをおススメします。先につけた化粧水がブースターになるので乳液もベタつかずにさらりと肌へなじんで、しっとり感もより強く感じることが出来ます。ファンデーションのつきも持ちも格段に違いを感じることが出来るとしているのが美容愛好家の野毛まゆりさんです。

TAG : 美肌 洗顔








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。