上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

トレチノインとハイドロキノン

トレチノインハイドロキノンを肌に塗ることでシミ対策ができます。このふたつの薬剤を併用することで、今あるシミを薄くするだけでなく、将来のシミまで予防することができます。しかも、レーザー治療では改善が難しいとされている肝斑(かんぱん)にも高い効果を発揮します。また、火傷後の色素沈着や、バストトップ、乳輪などの美白にも利用できます。



トレチノインハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらえる薬剤です。処方薬といっても使用方法は気になる部分に塗るだけですから、日々のスキンケアをするのと変わりがありません。トレチノインは、ピーリングと肌再生効果のあるビタミンA誘導体で、ハイドロキノンは、強力な漂白作用のあることをご存知の方もあるんではないでしょうか。



トレチノインが表皮の深いところにあるメラニン色素を排出し、同時にハイドロキノンがメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制することで、今あるシミに対処するとともに、シミができにくい肌環境にします。また、トレチノインのピーリングと肌再生効果によって肌表面の余分なものを取り除くので、ニキビ改善にも有効です。



トレチノインが、国内において、皮膚科での処方薬なのは、経口摂取による動物実験で大量投与をすると奇形を生ずることが知られているからです。もっとも、ヒトでは、トレチノイン外用つまり、塗り薬としての使用では、因果関係が明らかな奇形発生はこれまでありません。ですが、念のため、トレチノイン治療中は避妊を行うようにし、妊娠を希望する方はトレチノイン治療は避けたほうがよさそうです。もうひとつの薬剤のハイドロキノンは、妊娠中に使用しても問題ありませんが、効果が限定的なものになります。



トレチノインとハイドロキノンの使い方は、いつものスキンケアの最後に加えて肌に塗るだけです。ですが、トレチノイン使用中は、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。そのため、紫外線対策が充分でないとかえってシミを作る事になりかねません。ですから、紫外線の強い夏はトレチノイン治療を控えたほうが良いといえそうです。



また、トレチノインを使用すると皮膚の角質層がボロボロとはがれることを実感できるんですが、そのため、皮膚のバリアー機能や水分保持機能がなくなった状態にもなっています。乳液や保湿剤そして、遮光用ファンデーションなどを使用するなど保湿、紫外線ケアを充分にすることが大切になります。



トレチノインとハイドロキノンを使用したシミ対策の治療は保険の適用外ですが、トレチノインを使用していて、肌がひどく乾燥して、治療が必要な状態になった場合は、その治療について、保険診療の対象となる場合もあるようです。

トレチノイン 最新一覧 By 楽天

ハイドロキノン 最新一覧 By 楽天

TAG : トレチノイン ハイドロキノン








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。