上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

どくだみ

どくだみが美肌に効果があるといわれています。どくだみの花や葉には、フラボノイド系ポリフェノールの一種のクエルシトリン (quercitrin)や、イソクエルシトリンが豊富に含まれていて、これらは、経口摂取することで肌の健康を保つ上で重要なビタミン類の一種であるビタミンPと同様の働きをするとされています。



クエルシトリンの働きは利尿作用や毛細血管の強化作用によって新陳代謝を促進させるもので、肌に充分な栄養を送りこみ、老廃物を排泄してくれることで美肌効果があると考えられます。さらに、チロシナーゼ阻害活性があるともいわれています。チロシナーゼとはメラニン合成に関係する酵素のことで、美白効果が期待されてもいます。



どくだみの花に多く含まれているイソクエルシトリンも、クエルシトリン同様、毛細血管を強化する働きがあります。



どくだみは、ミネラルのカリウムを豊富に含んでいますが、カリウムは、電解質バランスを調節する人間の体に必要なミネラルの1つです。どくだみに含まれる他の多種類の成分と相乗作用を示し、新陳代謝を促すことで美肌効果をもたらすと考えられます。



どくだみを乾燥させてどくだみ茶として利用するだけでなく、入浴剤として使用することで血液循環の改善、消炎作用、保温効果が高くなり、また、心身をリラックスさせ、血行をよくし、新陳代謝を高め、皮脂分泌を活発にする効果を得られるとされていて美肌効果があると思われます。



どくだみを入浴剤として利用するには、どくだみの乾燥葉茎を煎じて、液を浴槽に流し込むか、または、乾燥したドクダミの葉茎を布袋に入れて浴槽に入れる方法があります。



どくだみは、美肌効果以外にも、冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アトピー性皮膚炎、アレルギー性湿疹、皮膚病、ニキビ、吹き出物などにも効果があるといわれています。十薬(じゅうやく、重薬とも書く)という生薬名を持つ所以です。

どくだみ 最新一覧 By 楽天

TAG : どくだみ ドクダミ








 

ドクダミ

ドクダミが美肌に効果があるとされています。ドクダミの花穂や葉、茎を乾燥させたものをドクダミ茶として煎じて飲むことで、40代から衰えるとされる肌の毛細血管を強化することで肌の健康を守る作用があるとされています。



ドクダミには、ほかにも、カリウム塩などを含んでいることで排便を促す緩下作用や余分な水分を排泄する利尿効果があり、体内の老廃物除去作用や、神経細胞や筋肉組織を活性化する働きがあります。



つまり、体内の水分を正常に保つことでむくみを防止し、利尿作用、快便作用、皮膚表面の汗腺の調節に効果があり、自律神経をコントロールする働きもしていることから肌荒れの予防に効果があるといえます。



ドクダミ茶には、ほかにも、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、動脈硬化、冷え性などなど数え切れないほどの効能があるとされています。



ドクダミを入浴剤として利用することで美肌効果を得ることができます。それは、血液循環の改善、消炎作用、保温効果が高くなるとされています。さらに、冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚病、ニキビ、吹き出物にも効果があるとされています。また、心身をリラックスさせ、血行をよくし、新陳代謝を高め、皮脂分泌を活発にする作用を期待できるようです。



ドクダミを入浴剤として利用するには、乾燥葉茎を煎じたドクダミ茶を浴槽に流し込む方法と乾燥したドクダミの葉茎を収めた布袋を浴槽に入れる方法があります。



ドクダミには、独特の臭いがありますが、これは、デカノイルアセトアルデヒドやラウリノールアルデヒドという精油成分によるものです。これらの成分は、強い抗菌作用があり、白アリ予防や食品の防腐剤としても開発されているものです。



しかし、乾燥させると揮発してしまい臭いがなくなると同時にその抗菌作用もなくなります。乾燥させるとクロロフィルなども効力を失うとされています。ドクダミを丸ごと利用する方法にドクダミのお酒があります。



ドクダミをお酒にするにはドクダミ草をそのままアルコール漬けにする方法と、生のドクダミを絞った青汁を蜂蜜などの糖分を利用してワインのようにアルコール発酵させることでお酒を作る方法があります。



ドクダミの青汁をアルコール発酵させた方が効能が強いようです。それは、ドクダミの使用量が青汁を発酵させた方が断然多い性かもしれません。



ドクダミをアルコール発酵させるには酵母と糖分が必要です。そこで糖分には蜂蜜やメープルシロップさらには黒糖などが利用されています。



ドクダミのお酒は自宅でも造れます。梅酒を造る感覚なわけです。しかし、そのときは、ニオイからは逃れられません。それに青汁を使用するには思った以上にドクダミを必要とします。製品を購入したほうが無難かもしれません。

ドクダミ 最新一覧 By 楽天

TAG : ドクダミ ドクダミ酒 ドクダミワイン








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。