上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

しわ予防と肌荒れ対策

しわ・しみの予防には、紫外線対策のほかに、気をつけたいのが肌荒れ対策です。肌の水分が減ってかさかさになった状態を肌荒れした状態といいます。特に乾燥肌の人が冬になると悩まされる症状で、シミ・シワなどのトラブルの引き金になります。



女性の肌の皮脂は男性に比べてもともと少ないとされていますが、その皮脂が、いわゆるお肌の曲がり角といわれる25歳くらいからさらに減少していきます。肌に含まれている皮脂の量が少ないと、肌から水分が逃げやすくなり、細菌なども繁殖しやすくなります。そして、肌にしっとり感がなくなるなどして、肌荒れの原因になり、しわ・しみが出来やすくなるんです。



目の周りが荒れやすいのは皮膚が薄くて皮脂腺が少ないために肌荒れしやすいんです。そして、ストレスによって、肌がかさついたり、痒くなったり、ニキビができたりなどして、肌荒れします。ストレスは、ほかにも、免疫力を低下させて、ホルモンのバランスを崩すなどとても私達の体調に対して影響力の大きいものです。それが皮膚に影響して肌荒れがおこりしわ・しみへと向かってしまうのです。



また、ストレスから、眠れなくなったり、食事が乱れることでも肌荒れが起こります。肌荒れは、皮膚の脂肪の分泌を促している男性ホルモンが減少するため、角層が 乾燥してひび割れた状態になるので起こります。



暖かい季節は肌の潤いを保ちやすくなります。なぜなら湿度が高く、汗をかくからです。反対に寒い季節は肌荒れが起きやすくなります。空気が乾燥して、汗をあまりかかないからです。ですから、夏でも空調の効いた室内に閉じこもっていると汗をかくことがないために肌荒れが起こりしわ・しみができることになるんです。



肌荒れを防ぐには洗顔方法も気をつけなければなりません。熱いお湯で洗顔をすると皮膚の脂肪が大量に落ちてしまいます。ですから、まずぬるま湯で洗い、最後に水で洗います。これが肌荒れ対策になる洗顔方法です。そうすると毛穴が引き締まり、潤いが保たれ、肌荒れ対策、そして、しわ・しみ予防になります。


TAG : しわ しみ 乾燥肌対策








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。