上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

柿の葉茶

柿の葉茶美肌に効果があるようです。柿は、生でも食され干し柿など加工食品としても親しまれていますが、その若葉を乾燥させて茶葉としたのが柿の葉茶です。



柿の葉には、ビタミンCが豊富でレモンの約10~20倍以上、緑茶の20倍以上も含まれいてます。そして、柿の葉に含まれているビタミンCは、その前駆体といわれるプロ・ビタミンCで、体内でビタミンCに変化するので、熱に強く調理時に破壊されにくい優れものです。



美肌の元はコラーゲンですが、ビタミンCは、コラーゲンの形成に欠かせない成分です。ビタミンCはシミやソバカスの原因であるメラニン色素を抑制し、薄くする作用もあります。



柿の葉茶のプロビタミンCが変化して出来たビタミンCにはLDLコレステロールを減らし血管を丈夫にして動脈硬化を防ぐ効能があります。



柿の葉茶を飲むことで手軽にビタミンCを摂ることで美肌効果を得ることが出来るといえそうです。しかも、緑茶と異なりノン・カフェインです。カフェインが苦手な人にもおススメのお茶です。



柿の葉にはビタミンCだけでなくフラボノイドも含まれています。他にも柿の渋味成分でポリフェノールの一種であるタンニンも含まれていて、タンニンにはLDLコレステロールと結合して体外に排泄させる効能がある他、フラボノイドのケルセチン、ルチンなどによる血管を強化し血圧降下作用により、高血圧や動脈硬化、脳梗塞の予防などに効果があるといわれています。



柿の渋味成分である渋柿タンニンも含まれており、それは抗酸化作用、抗菌作用などがあります。また、フラボノイドのケルセチンや、ケンフェロール(アストラガリン)は花粉症に効果があるといわれています。



柿の葉茶は、ビタミンCを多く含むお茶のため、風邪を引いたときにも最適です。但し、からだを冷やすタンニンも含んでいるので、冷え性や下痢症状を起こしている方は、量を控えた方がよさそうです。



ビタミンCといえば、ほかにも、歯の発育、抵抗力の強化、血球の再生、血圧の安定化、血液の凝固を早めるなど、血液や血管の健康全般への作用・がんの予防(活性酸素の除去)などの効能が挙げられます。



柿の葉茶には、ほかにも、ウルソール酸、グルコサイド、オレアノール酸、ベツリン酸、ウバオール、ヒドロキシウルソール酸などが含まれていて、様々な生活習慣病(脳卒中、心臓病など)、認知症、壊血病の予防、便秘解消、加齢臭解消、貧血解消、利尿作用、むくみ解消、また腎臓病や心臓病にも効果が期待されているようです。



柿の葉茶の飲み方は、大さじ1杯を急須に入れて熱湯を注いだら、7~8分置いてから湯のみに入れ飲むのがおススメです。煮だしてまとめ作りする場合は、日持ちしないため冷蔵庫で保管しても出来るだけ当日中に飲みきることが注意すべき点です。

柿の葉茶 最新一覧 By 楽天

TAG : 柿の葉茶 美肌 美白








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。