上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

イチョウ葉

イチョウ葉には、美肌効果があるといわれています。イチョウ葉エキスには多くの種類のフラボノイドが含まれています。フラボノイド (flavonoid) は天然の有機化合物群で、植物ではカロテノイドと同様に酸素の多く発生する場所に存在するものの、カロテノイドよりも色が淡い特性がありますが、着色料として用いられたりもします。



フラボノイドには、無色のフラバノン類と黄色のフラボノール類が存在していて、フラボノール類には、毛細血管を丈夫にする「ルチン」などがあります。フラボノイドには、様々な生理作用が確認されています。



イチョウ葉エキスに含まれるケルセチン、ケンフェロール、イソラムネチン、ルチンなど約26種類ともいわれるフラボノイド類には、血管壁の弾力性改善や、末梢神経の拡張、毛細血管の保護・強化・吸収率の調整作用、そして、強い抗酸化作用があります。



肌を健康に美しく保つには、肌の血行が良好に維持されることが大切な要素といえます。肌の皮膚細胞にある末端の毛細血管を健康にし肌の隅々まで充分な栄養がいきわたることで、皮膚細胞の新陳代謝を活発にし、皮膚細胞の再生を促進することが不可欠といえます。



皮膚細胞血管の機能は、40代後半になると低下し、栄養が皮膚の末端まで届きにくくなるといわれています。イチョウ葉エキスに含まれるルチン(rutin)などのフラボノール類には毛細血管を丈夫にする作用があり、年齢によって衰えがちな毛細血管を健康にすることで美肌を期待できるとされています。



イチョウ葉は、エキスを抽出して利用することが一般的ですが、それは、イチョウ葉にはアレルギー物質であるギンコール酸が含まれているからです。ギンコール酸はイチョウの葉にのみに存在する物質で、葉と外種皮に多く含まれており、ギンナンにはほとんど含まれていません。



したがって、ギンコール酸の除去処理が施されているイチョウ葉エキスの場合と異なり、生のイチョウ葉を利用するイチョウ葉茶の場合にはギンコール酸の弊害が心配されます。

イチョウ葉 最新一覧 By 楽天

TAG : イチョウ葉 美肌








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。