上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

チャーガ

チャーガが美肌に効果があるといわれています。チャーガとは、ロシアでの呼び名で、和名はカバノアナタケ樺孔茸)とも白樺茸とも呼ばれるキノコの仲間です。ロシアやヨーロッパ、中国、日本(北部地域)に分布する耐寒性のキノコです。



チャーガは、白樺などのカンバ類に寄生するキノコです。成長に10~15年を必要とするうえに、白樺であれば2万本に1本の割合でしか寄生しないことで、その存在は大変貴重と言えます。



チャーガの主な成分としては、食物繊維(βカロテン・水溶性リグニン)・糖質(ベータ-D-グルガン)・ビタミンA・ビタミンD2・フラボノイド・サポニン・タンパク質・脂肪・灰分・エルゴステロールやミネラル類の他、トリテルペノイド・アルカロイド・プテリン・アガリチン酸・イノシトールなどが含まれています。 



チャーガはこれらの成分を含むことでホウレン草の250倍・野菜ジュースの175倍・アガリクスの23倍の抗酸化力があるとされています。美肌の大敵に活性酸素があります。



シミ・シワ・そばかす・肌荒れ・ニキビなどは、紫外線などによる活性酸素が原因のひとつとされています。チャーガの強い抗酸化作用は、紫外線などによる活性酸素を除去し、皮膚の代謝機能を回復させます。それによって例えば、シミの場合、沈着した色素が肌の表面に押し出され、やがて古い細胞とともにはがれ落ちます。



チャーガの強い抗酸化作用によって、シミだけではなくニキビや肌荒れなどの活性酸素が原因とされている肌のトラブルは大幅に軽減されます。



また、チャーガには、ポリフェノールの中でも群を抜く抗酸化作用を持つ「水溶性リグニン」が豊富に含まれています。リグニンとは、木質素ともよばれ、不溶性食物繊維のひとつで、一般的にセルロースと一緒に存在して、細胞壁を堅固にする効果があります。胆汁液を吸着して排泄させる効果があります。



チャーガでは、それが水溶性リグニンとして含まれていて、強い抗酸化作用と抗菌作用を持つことが知られています。



肌は常に、外部からの菌・ウィルス・カビ・放射線・紫外線などにさらされています。そのため肌にはランゲルハンス細胞という免疫細胞があります。肌の免疫力が落ちると抵抗力が弱まり、肌荒れやニキビなど肌のトラブルが起こります。



チャーガに多く含まれるβ-D-グルカンなどは免疫細胞を活性化させる作用があることから抗がん作用が知られています。皮膚の免疫細胞であるランゲルハンス細胞を活性化することで肌の抵抗力は高まり、健康でトラブルの起きにくい美しい肌を保つことが期待できます。



美肌には血流と便秘の改善が不可欠です。チャーガには末梢血管の血流を良くする効果もあり、さらに、チャーガには多くの食物繊維が含まれていますので、腸内環境を整え、便秘を解消に効果があります。



食物繊維は、さらに不要となった老廃物や有害物質も取り込んで一緒に排出してくれます。この他にも美容に良いとされるβカロテン・フラボノイド・亜鉛・リン・サポニンとマンガンなどの通常の食事からは補給しにくい栄養成分も豊富に含まれています。またチャーガに含有する全ての成分が低カロリーなので、ダイエットや美容にも最適です。



チャーガに含まれる水溶性リグニンやβ-D-グルカンなどは、美肌以外にも、胃潰瘍、慢性胃炎、胃腸の運動異常・痛み・吐き気・十二指腸の運動異常などの改善効果や肝硬変の改善、肝臓病・神経痛・リュウマチなどの鎮痛にも期待がよせられています。



チャーガには、血糖値や血圧の降下作用などによる生活習慣病対策や、インフルエンザウィルスやエイズウィルスなどへの抗ウイルス作用、免疫賊活剤としての抗がん作用など様々な健康効果も期待され研究が進められています。

チャーガ 最新一覧 By 楽天

TAG : チャーガ カバノアナタケ 樺孔茸 白樺茸








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。