上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

ハイビスカスティー

ハイビスカスティーは、健康な皮膚を保ったり、肌荒れの改善など美肌に効果があるハーブティーです。ハイビスカスティーとして利用されているハイビスカスは、観賞用に使用されるブッソウゲなどよりずっと小さな、直径10cm足らずの黄色の花を咲かせるローゼル(roselle)という種類です。



ハイビスカスティーには、代謝を促し疲労を回復するクエン酸や、クエン酸より甘みが強く、クエン酸を助けて新陳代謝を活発にするリンゴ酸、などの有機酸を含むことが知られています。



クエン酸は、カルシウムの吸収と代謝、糖の代謝にかかせない栄養素でもあります。クエン酸の働きで血液中の余分な脂肪分の分解が進み、血液の流れが改善され、細胞の隅々まで栄養素・酸素がゆきわたり、老廃物などの運搬がスムーズになり、むくみ解消に効果があります。



ハイビスカスティーには、ほかにも、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB類、ミネラル類では、カルシウム・鉄・亜鉛・銅・カリウム・マグネシウムなどがあり、そして、アントシアニン系色素とポリフェノールやアミノ酸など多くが存在しています。



ハイビスカスティーは、そのため、血液をサラサラにして筋肉の活動を活発にする働きがあるアミノ酸を含むことからも、細胞の生まれ変わりや新陳代謝が促進されて、ひとつひとつの細胞が活性化され、健康な皮膚を保ったり、肌荒れの改善効果が期待されています。



また、クエン酸の働きで血液中の余分な脂肪分の分解が進み、血液の流れが改善され、細胞の隅々まで栄養素・酸素がゆきわたり、老廃物などの運搬がスムーズになり、むくみ解消に効果があります。



さらに、リンゴ酸は、体内でオキサロ酢酸に変わって、TCA回路(クエン酸回路)の代謝を促進させるので、脂肪酸の分解には有効であるといわれています。体内で酢酸やクエン酸からもリンゴ酸は作られますが、体内で合成されるリンゴ酸は、ピルビン酸と脂肪酸合成に使われるため、ハイビスカスティーなどから摂取することが、ダイエットに効果的といえます。



ハイビスカスティーの含むクエン酸は、TCA回路(クエン酸回路)の代謝を促進させるので、脂肪酸の分解には有効であるのはいうまでもないことですが、疲労状態で、ハイビスカスティーに含まれるクエン酸を摂ると、TCA回路(クエン酸回路)が再生することで疲労回復に効果があります。



ハイビスカスティーに含まれるハイビスカス酸には、デンプンやグリコーゲンを分解する消化酵素であるアミラーゼの活性を阻害する作用があり、コレステロールや中性脂肪を低減したり、脂肪生成を阻害することが報告され、ダイエットや生活習慣病の予防に効果が期待されています。



したがって、ハイビスカスティーの効能・効果としては、肌荒れ解消以外にも、ダイエットやむくみ解消、コレステロール降下、血中脂肪降下、老化防止、眼精疲労回復、疲労回復、食欲増進、夏バテ、利尿作用、不眠、だるさが取れない、二日酔い、塩分摂りすぎ、便秘、肩こり、貧血・立ちくらみ などへの効果が期待されています。

ハイビスカスティー 最新一覧 By楽天

TAG : ハイビスカスティー 美肌








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。