上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

白キクラゲ

白キクラゲ白木耳)が、美肌効果が高い食材のひとつとされています。白キクラゲは、中国では銀耳(インアル)ともよばれ古くから女性の肌のトラブルを解消するために用いられてきました。



白キクラゲは、ビタミンB2、ビタミンDとカルシウム・カリウム・リンを豊富に含み、17種類のアミノ酸を含んでいて、血液を浄化する作用があるとされています。



ビタミンB2は、皮膚を健康に保つ作用があるので日焼け後のダメージ肌にも効果的です。また、食物繊維を豊富に含んでいることから体内の毒素をすばやく排出し、細胞の免疫機能を 強化する作用があるといわれています。



キクラゲといえば日本では黒キクラゲが一般的で、白キクラゲも基本的な効能は同じですが、白キクラゲは身体の水分を補ってくれる効果があり、肌を潤す作用が大きいとされ、美容効果やアンチエイジング効果が期待されています。



キクラゲには、黒キクラゲ、あらげキクラゲ、白キクラゲの3種類があり、一般的には、キクラゲ といえば黒キクラゲのことを指し、白キクラゲは、不老長寿の食材として珍重され中華料理の高級食材として取り扱われています。



キクラゲは、ビタミンDの豊富なキノコとして知られています。キクラゲは食物中でもっとも多量にビタミンDを含んでいるといわれていて、1個でヒトの一日の必要量を賄ってしまいます。



ビタミンDはからだに取り入れたカルシウムを小腸で血液に移動させるときに活躍します。ビタミンDがないと、カルシウムを血液に取り込めないためにそのまま体外へと排出されることになります。カルシウムの吸収には欠かせないビタミンなのです。



さらに、骨はハイドロキシアパタイトという硬い物質でできています。それは、カルシウムのほかに無機リン酸でできています。ビタミンDはからだに取り込まれた骨にならない有機リン酸を骨になる無機リン酸に変える働きをします。ビタミンDが不足すると充分な無機リン酸が作れないために丈夫な骨が作れないことになります。丈夫な骨作りにはビタミンDが欠かせないんです。



しかも、インフルエンザ予防にビタミンDが有効であるという研究報告があり、ビタミンDが冬場に不足がちなこともインフルエンザの流行の原因のひとつと考えられています。



ビタミンDは、実は、週に3回、10分から20分間、日光に当たるだけで充分な量を体内でつくることができます。しかし、現代社会ではそれすらままならないことがあります。しかも、年齢とともに合成能力も減少します。冬などはなおさら日に当たることが少なくなります。ですから、キクラゲの摂取は有効だと思われます。



黒キクラゲは、低カロリーで牛乳の2倍のカルシウムと、リン、鉄分を含み、とりわけ食物繊維を多く含むきのこです。食物繊維には血中や肝臓のコレステロールを低下させる働きがあるようです。その作用が動脈硬化、高血圧、婦人病に効き、抗腫瘍作用があることが知られています。また植物性たんぱく質であるゼラチン質に滋養強壮効果があり老化防止にも役立つと人気です。



黒キクラゲは、鉄分も非常に多く含んでいます。鉄分の含有量はレバーの約3倍、白キクラゲの10倍といわれており、貧血などには適した食材といえます。黒キクラゲで鉄分を補うには1日5gの摂取でいいといわれています。



ただ黒キクラゲに含まれる鉄分は、単独では吸収されにくい性質を持っています。しかし、ビタミンCと一緒に摂取することによって吸収率が約3倍になります。



キクラゲの有効成分は人体の免疫能力を増強し、リンパ細胞と白血球の殺菌作用を活発にし、骨髄の造血機能を高める作用があります。高血圧や動脈硬化、貧血、免疫力低下による病気などの他、抗癌の補助治療にも良く使われています。黒キクラゲは特に肺の機能を助けますので、慢性の喘息の治療に良く使われます。



白キクラゲは、キクラゲのひとつですが、皮膚を潤し、肌ツヤを改善する作用が期待できるとされています。

白キクラゲ 最新一覧 By 楽天

TAG : 白キクラゲ 美肌 美白 白木耳 白きくらげ








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。