上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

美白とシトルリン

美白をもたらすサプリメントとして、シトルリンがあります。シトルリンはスイカから日本で発見されたアミノ酸の一種です。シトルリンの効果には「血管を拡張し、血行を促進する作用」のほか、「LDLコレステロールの酸化を抑える作用」や「活性酸素を除去する作用」などが知られています。



お肌の美白に大敵とされる紫外線ですがその紫外線のもたらすものとして、活性酸素があります。シトルリンはその活性酸素を除去することで美白に効果があるんです。さらに常に若々しい肌を保つには肌にとって必要な栄養素や酸素などが充分に供給されることが大切になります。



シトルリンは「血管を拡張し、血行を促進する作用」のほか、「LDLコレステロールの酸化を抑える作用」があることで、肌に充分な栄養素などを届けることが可能となり、新陳代謝が活発に行われることで、肌の美白に大いに効果を発揮するんです。



シトルリン美白となる環境を整える強力な作用があるといえます。ですから、シトルリンに加えてビタミンCやL-システイン、ビタミンEなどをともに摂ることによって、美白には、なお一層効果を発揮すると思われます。



シトルリンのサプリメントでの一日の摂取目安量は800mgで、これはスイカ1/7個、ゴーヤ24本分に相当するとされています。一日の三度の食事に分けて食後30分以内に摂ることがおすすめです。



シトルリン サプリ 最新一覧 By 楽天

TAG : 美白 シトルリン サプリメント








 

美白にプラセンタサプリ

美白に効果があるサプリとして、プラセンタのサプリがあります。プラセンタ(PLACENTA)とは、「胎盤」という意味です。胎盤は、母親のお腹の中にいる胎児にとってとても大切な組織です。胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられています。



プラセンタの注射は、肝臓病、更年期障害、乳汁不全症の治療法として健康保険の適用が認められた治療法です。しかし、これら以外の目的のプラセンタ注射は保険適用外となります。



プラセンタ注射の場合はヒトの胎盤のエキスを使用していますが、サプリメントの場合は薬事法の関係で豚や馬などの胎盤エキスを使用しています。同じ哺乳動物ですからエキスとしての有効性は保たれているといわれています。



プラセンタにはチロシナーゼを不活性化する作用があります。チロシナーゼとは、日焼けをした肌を黒くするメラニン色素の素となるDOPAにチロジンという物質が変換されるときに活性化して活躍する物質です。



ですから、プラセンタを摂るとメラニン色素の生成が抑えられることで、美白の肌をつくります。したがって、何度も炎症を繰り返し、そのために黒ずんでしまった皮膚を、ある程度もとの色にもどしてくれることを期待できます。



さらにプラセンタには、FGF(線維芽細胞増殖因子)やEGF(上皮増殖因子)が大量に含まれています。線維芽細胞は、真皮に存在していて、皮膚を健康で若々しく美しく保つために必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産生しています。



ですから、プラセンタによってその線維芽細胞を補給することで、皮膚の再生に力を発揮されるわけです。つまり、しみしわ、そして、にきびなどの肌の悩みの解消にすぐれた効果をはっきしてくれるんです。



さらに、プラセンタには母体内の胎児を守るためにとても強い抗酸化作用が存在しています。紫外線などにより作り出される活性酸素のさまざまな悪影響を無害化してくれるんです。



もちろん、プラセンタとともに、ビタミンCなどの栄養素を一緒に摂ることでより一層効果を得ることができるのはいうまでもありません。



プラセンタ サプリ 最新一覧 By 楽天


TAG : 美白 プラセンタ しみ しわ








 

美白にサプリメント

美白にはシステインのサプリメントがメラニンに対してとても効果があるんですが、ビタミンCはその効果をさらに高める働きがあります。ぜひ、一緒に摂りたいものです。また、抗酸化作用の高いものとして、ビタミンEがありますが、これも、ビタミンCとともに摂るとより一層効果的です。ビタミンEは過酸化脂質の生成を抑えることでアンチエイジングに対して効果があります。



美白にはもちろん、しみ対策としてのサプリメントとしては、紫外線を浴びるようになる1カ月ぐらい前から飲み始めると効果的といわれています。サプリメントは、L-システインだけでなくビタミンCそしてEが含まれたものを一緒にを摂るとよいですが、その他に抗酸化作用のあるサプリメントを摂取するとより効果が増します。ひとつの種類を大量に摂るよりもバランスよく多種類を摂ったほうが効果が高いようです。



ビタミンCは、肌に塗るビタミンCと飲むビタミンCの両方を摂取した方が効果的です。また、紫外線が強い時期だけではなく、年間を通して日常的に美白成分がある化粧品を使う方が効果が期待できるようです。



よく、朝ビタミンCを摂るとしみになりやすいと言いますが、それは、果汁でビタミンCを摂ると例えば、レモンやキュウリにはソラレンという物質が含まれていて、これは、光を吸収する性質があり、そのために紫外線の吸収を高めてしまうことでシミの原因となるんです。



ですから、レモンパックやキュウリパックなどは外出前にはすべきではなく、これらのほかに、パセリ、セロリなどを外出前に食べるのもシミの原因になる可能性が高いのです。これらのビタミンC豊富な野菜は、夜に食べる方が紫外線対策になるといえます。美白サプリメントの摂取量は製造元で指定している量を参考にすべきです。



ちなみにビタミンCの一日の所要量の目安は60mg~100mg、ビタミンEは、10mg程度といわれています。しかし、どちらも過剰摂取の弊害は報告されていないようです。サプリメントは、特に指定のない場合は、食後30分以内に摂ることをおすすめします。



システイン配合美白サプリ 最新一覧 By 楽天




美白サプリ 最新一覧 By 楽天




TAG : しみ 美白 サプリメント








 

しみ・美白とサプリメント

しみや美白対策にサプリメントが有効です。しみや美白には化粧品が優れたものが出ていますが、肌の内側からのケアもとても効果があります。化粧品は、即効性がありますが、サプリメントは、肌の形成サイクルを助けるものなので、効果が現れるには時間がかかります。



肌の細胞が完全に生まれ変わるターンオーバーは、通常28日が1サイクルといわれています。多くのサプリメントは30日分で一瓶となっていますから、効果が出るまで一瓶といわれるのはこのためです。できたら、2サイクル、二瓶は使用したいところです。



美白に効果があるとされているもののひとつに、L-システインがあります。L-システインはアミノ酸の一種で、体の中でも合成可能な成分です。そして、L-システインは、ビタミンCとともに摂るとより効果を発揮します。L-システインは肌の表面近くで、シミの原因となるメラニンが作られるのを防いでくれたり、色を薄くしてくれる働きがあります。



本来日焼けで黒くなるのは、紫外線から体を守る防御機能で、肌の黒い人はその機能が比較的高いことでもあるんです。シミはその防御機能が暴走した状態です。L-システインはその暴走を根元で抑えて新たにシミが出来るのを抑制してくれるので、サプリメントを摂り始めて暫くすると、既にメラニンを形成している肌の表面の角質が落ちるにつれてシミが薄くなっていくわけです。



さらにもう一つ、L-システインには、肝臓の機能を向上させる働きがあります。システインは硫黄を含んでいて、デトックス(解毒)作用があるアミノ酸です。肝臓の働きが良くなると、クスミや、シミの原因であるメラニンの生成を抑えることが出来るんです。特に、顔の頬骨の外側に左右対称に出てくる大きなシミは、肝臓機能の低下が原因である可能性があります。



普段あまり意識することのない肝臓ですが、肝臓を元気にするとお肌のターンオーバーサイクルが正常化することでクスミの原因となる古い角質がはがれやすくなる他に、疲労回復に効果があるなど健康によい効果も期待できます。




システイン配合美白サプリ 最新一覧 By 楽天



美白サプリ 最新一覧 By 楽天



TAG : しみ 美白 サプリメント








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。