上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 

アスタキサンチンで美肌

しわしみを防ぐのに効果があるといわれているものにアスタキサンチンがあります。しわのできる原因のひとつが日焼けなんですが、日に当たるとその紫外線で発生してしまう活性酸素が一重項酸素なんです。一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンなど皮膚の若さを保つ蛋白を破壊することでしわなどの原因になります。



アスタキサンチンは、一重項酸素を無害化することが出来るんです。この一重項酸素には他の抗酸化物、例えば、ビタミンCやビタミンEでは、ほとんど効果がないとされています。効果があるのは、カロテノイドとされています。ですから、カロテノイドの一種のアスタキサンチンが注目されているんです。



一重項酸素は細胞膜だけでなく細胞の中でも発生することで、お肌にダメージをもたらします。細胞膜で発生すると細胞膜が傷付けられ細胞自体の形が保てなくなることでしわの原因となります。細胞の中で発生した一重項酸素はメラニンを異常に増殖させしみの原因となるんです。アスタキサンチンは、細胞の中や細胞膜上で一重項酸素に速やかに働きかけて無害化することでしわしみを防ぐことに効果があるといわれているんです。



アスタキサンチンは、緑黄野菜のβ-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、主にエビ・カニなど甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表などにみられます。またサケの身が赤いのはこのアスタキサンチンを含んでいるためです。



アスタキサンチンは今のところ副作用などの報告は無く食品として摂る分には問題は無いようですが、サプリメントで摂る場合は妊婦の方などは控えたほうがよさそうです。なお、他のカロテノイドと一緒に摂ると吸収が阻害される可能性があるといわれています。



アスタキサンチンの1日の摂取量の目安は、大人の場合、1~5mgと言われていますが、1日に30mgまでなら、安全性が確認されているようです。

TAG : アスタキサンチン しわ しみ








 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。